若ハゲ対策に高校生や大学生が心がけておくと良いこと

近年、高校生、大学生の頃から若ハゲに悩む方が増加しています。若ハゲの原因には不規則な生活習慣やストレスが大きく関係しているとされ、薄毛を改善するためにはまず生活習慣の見直しを図ることが大切です。

 

高校生や大学生は勉強や部活に忙しく、食事もファストフードなど栄養の偏ったものを食べてしまいがち。ですが、若ハゲは早期の対策が重要なポイントです。栄養バランスのとれた食事を摂るように心がけ、ストレスをため込まないためにも十分な睡眠をとるようにしましょう。午後10時から午前2時は体の細胞にとってのゴールデンタイム。この時間帯に眠ることで、体だけではなく髪の毛にも良い効果が得られるとされています。

 

私事ですが、大学生の頃は夜勤をしていました。そして昼間は大学のサークル活動に参加するなど、いつ寝てるの?といった状態の日々が多かったです。それも大きな原因の一つだったと今思うのですが、私は大学の頃に若ハゲが進行してしまいました。その後のケアも不味かったので、長いことハゲに悩まされる日々が続きました。話が剃れましたね、元に戻しましょう。

 

また大学生の方は髪のカラーリングをする方も多いですが、カラーリングは髪の毛だけではなく頭皮にも大きなストレスを与えてしまいます。髪の毛や頭皮に負担になることはなるべく避けるようにし、シャンプーや頭皮ケアをしっかり行うようにしましょう。またまた私事ですが、髪が薄くなりだすと金髪や薄い色にしてハゲを誤魔化そうとする人が多いです。私自身もそうでしたが、これはかなり頭皮と髪にダメージを与えてしまいますので止めておきましょう。ハゲてきたと分かったら育毛するか増毛するかがお勧めですね。