薄毛は早期対策が大切!薄毛の前兆をチェック

薄毛は症状が進行すればするほど改善も難しくなってしまうため、できるだけ早く気付いて対策することが大切です。薄毛の前兆として、髪には様々な変化が現れるので、日頃のヘアケアと合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

薄毛の前兆として、髪そのものに現れるものとして、髪の質感の変化があります。髪のハリがなくなったり、もともと剛毛だったのに弱々しくなってしまったり、なんとなくパサついていつ感じがしてきます。

 

そのため、日々のケアでは、きちんと自分の髪を触って変化を感じ取れるようになる必要があるのです。見た目にも、髪を切ったわけでもないのに、なんとなく短くなったような感じがする場合は、ヘアサイクルが乱れて、髪が十分に成長する前に抜けてしまっている可能性があります。髪のボリュームがなくペタンとしてしまっている場合も薄毛の兆候の可能性があります。

 

また、髪を1本引き抜いてみたときに、痛みが感じられない場合は、髪が弱っており、薄毛の前兆といえるかもしれません。通常、ヒゲや体毛を抜くときって痛みがありますよね?本来なら、人為的に髪を抜いた場合にも同じように痛みがあるはずです。

 

抜けた髪にも注目してみましょう。とくに根元がどうなっているか確認してみてください。健康な髪が抜けた場合、根元は白く丸みを帯びていることがほとんどです。

 

一方、根元が黒かったり、いびつな形をしている場合には、老廃物が蓄積し、脂漏性脱毛症などを起こしている可能性もあります。髪の変化に1つでも心当たりがあるのなら、頭皮ケアや薄毛・育毛対策を始めてみてもいいかもしれませんね。